【現地採用やめたい】失敗しない転職検討後の完全ロードマップ

こんにちは。ドットコムです。

現地採用で海外で働いているのですが、転職を検討しています。

ネットで現地採用後のキャリアについて調べるとネガティブな情報しかなく…そんな中でも転職を成功させる方法を知りたいです。

今回は、失敗しない転職検討後の完全ロードマップということで、事前に知らないとヤバい心構え転職活動を成功させる方法を僕の実体験を元に徹底解説します。

本記事の内容
  • 転職活動開始前の心構え
  • 転職活動を成功させる方法
  • 現地採用後のキャリアパス
  • おすすめの転職サイト4選
本記事の信頼性(僕のプロフィール)
  • 新卒で日系の大手商社に2年半勤務
  • 現地採用でフィリピンにある教育系ベンチャー企業に5年間勤務
  • 日本に帰国し、転職活動で2社の内定獲得
目次

転職活動開始前の心構え

はじめに、転職活動を開始前の心構えについてです。

日本で転職活動する場合、現地採用のキャリアを歩んでいたからこそブチ当たる大きな壁があります。

これは、実際に僕が現地採用後に日本で転職活動をしていた際に感じたポイントであり、事前に知っているか否かで転職活動の結果も大きく変わってくるんじゃないかなぁと思います。

転職活動開始前の心構え
  1. 労働環境を軽視されやすい
  2. 異端児だと思われる
  3. 給与交渉の難しさ

日本では、現地採用枠で海外で働いていたことに価値を見出さない企業もたくさんあり、逆にネガティブに捉えられてしまうケースも大いにあります。

詳細は下記の記事にまとめているので、ぜひチェックしてください。
>>【体験談】現地採用から帰国した後の転職が難しい理由3選【解決法も】

あわせて読みたい
【体験談】現地採用から帰国した後の転職が難しい理由3選【解決法も】
【体験談】現地採用から帰国した後の転職が難しい理由3選【解決法も】こんにちは。ドットコムです。現地採用枠で海外で働いている方、もしくはこれから現地採用枠で海外に飛び出したい方、帰国後の転職活動ってうまくいくのかなぁと心配に...

転職活動を成功させる方法

続いて、転職活動を成功させる方法についてです。

転職サイトへの登録、情報収集は当たり前なので、ここでは割愛します。

記事の最後には僕が実際に活用し、2社の内定獲得に繋がったおすすめの転職サイトを紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてください。

転職活動を成功させる方法
  1. 実績を作る
  2. 結果を定量化する
  3. 面接の対策をする

それぞれ、詳しく解説します。

その①:実績を作る

はじめに、転職活動の前に自信を持って語れる明確な実績を必ず作りましょう

前述した通り、日本での転職の場合、現地採用に対してネガティブなイメージを持っている企業もたくさんあります。

ストレスのない環境で、ぬるま湯に浸かって仕事していたんじゃないかと思われてしまうケースも十分にあるのが現実です。

日々の業務に意識的に取り組み、結果を出すことにこだわり続けましょう。

その②:結果を定量化する

続いて、自分自身の実績を定量化してみましょう。

僕は、フィリピンで働いていた約5年間のキャリアを、「担当部署」「その際の目標・思い」「語れる結果」に分けて、全てスプレッドシートに書き出しました。

必ずしも大きな結果でなくても良いと思います。

大事なのは、確固たる信念を持って業務に取り組み、大小関係なく何かしらの結果につながったかどうかです。

その③:面接の対策をする

もちろん、面接の対策もしましょう。

僕は、自分自身が伝えたいことを素早く、且つ明確に回答できるように、「XMind」のツールを使い、質問に対する回答の整理をしていました。

作成の手順

こちらが、僕が実際に作成したマインドマップと作成の手順です。

作成の手順
  • ①に想定される質問事項を全て洗い出す
  • ②に①の質問の回答を記入する。複数回答ある場合は箇条書きで全て記入する
  • ③に②の回答に対しての、想定される深堀り質問・回答を記入する

作成のポイント

作成の際のポイントは大きく分けて2つです。

作成のポイント
  • ポイント①
    面接官になったつもりで、自分の回答に「なぜ?」を繰り返し、体裁は気にせず全てマインドマップに落とし込む。

  • ポイント②
    回答は一言一句記入するのではなく、あくまでもメモ程度にする。思考を整理して、自分の脳にある引き出しを素早く開けられるようになるのが目的です。

少々手間だと思いますが、これをするだけで面接に自信を持って臨むことができるので、ぜひ試してみてください。

現地採用後のキャリアパス

ここまで日本での転職を前提につらつら書いてきましたが、現地採用後のキャリアパスは、必ずしも日本での転職だけではありません。

周りの知人に相談したり、転職カウンセラーに相談する中で、自分自身にとってベストなキャリアを選択してください。

下記は現地採用後の代表的なキャリアの例です。

現地採用後のキャリアパス
  1. 現地の企業に転職
  2. 現地採用から駐在員に転籍
  3. 日本に帰国、一般企業に転職
  4. 起業・フリーランス

詳細は下記の記事にまとめているので、ぜひチェックしてください。
>>【現地採用後のキャリアって大丈夫?】退職後の4つのキャリアパス

あわせて読みたい
【現地採用後のキャリアって大丈夫?】退職後の4つのキャリアパス
【現地採用後のキャリアって大丈夫?】退職後の4つのキャリアパスこんにちは。ドットコムです。今回は、こんなお悩みを解決します。本記事の内容現地採用の現実退職後の4つのキャリアパス転職活動前に事前に知って欲しいこと本記事の信...

また下記の記事には、現地採用で出会った僕の友人の実際のキャリアを紹介しているので、ぜひ合わせてチェックしてください。
>>【現地採用やめとけ論はホントか?】退職後の知人のキャリアを大公開

あわせて読みたい
【現地採用やめとけ論はホントか?】退職後の知人のキャリアを大公開
【現地採用やめとけ論はホントか?】退職後の知人のキャリアを大公開こんにちは。ドットコムです。今回は、知人の現地採用後のキャリアを大公開し、その上で現地採用を選択する人の特徴について解説したいと思います。僕の経験上の話にな...

おすすめの転職サイト4選

最後に、僕が使っていたおすすめの転職サイトを紹介します。

転職を検討し始めたら、すぐにでも登録自体はしたほうが良いですが、実際にカウンセラーに相談するのは、上記の「転職を成功する方法」の3つのステップを完了してからにしましょう。

なんでもカウンセラー任せにしても、転職がうまくいくはずないですね。

登録や相談は全て無料なので、下記の4つは必須で登録して、しっかり情報収集しましょう。

ミドル・ハイクラス向けの高年収層に特化!「JACリクルートメント」

1つ目の転職エージェントは、「」です。

JACリクルートメントの特徴
  • 非公開求人50%、約550名の業界に精通したプロが在籍
  • 年収600万円〜1,500万円の高年収の求人を大量に保有
  • 業界・職種別コンサルタントによるレベルの高いサポートを受けられる

20代~30代のビジネスパーソンに強い!「マイナビエージェント」

2つ目の転職エージェントは、「」です。

マイナビエージェントの特徴
  • 関東エリアの求人を網羅!東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富
  • 20~30代に転職サポートに強い!人事&採用担当との太いパイプ
  • 応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポート

求人数、転職支援実績、顧客満足度No.1!「リクルートエージェント」

3つ目の転職エージェントは、「」です。

リクルートエージェントの特徴
  • キャリアアドバイザーが、面談を行う中で応募者がまだ気づいていない強味を発見
  • 非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介可能
  • 職務経歴書や面接のアドバイスだけではなく、キャリアアドバイザーからも企業にアピール可能

転職者満足度No.1!「doda」

4つ目の転職エージェントは「」です。

dodaエージェントサービスの特徴
  • 人事担当者をひきつける履歴書、職務経歴書を書くための秘訣をアドバイス可能
  • 応募書類だけでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押し
  • 面接前後のきめ細かいフォロー

現地採用後のキャリアはネガティブな情報に溢れていますが、しっかり事前に準備し、且つ転職サイトのサポートを活用すれば、必ず理想の転職先は見つかります

僕でも2社、内定を勝ち取ることができました。

陰ながら、転職活動の成功を祈っています!

本記事が、どこかの誰かに役に立てば、ハッピーです。

それでは、アディオス!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる