【現地採用の闇】前職の平均勤続年数を調べた結果…

こんにちは。ドットコムです。

現地採用って、早期に退職して、すぐに日本に帰国してしまう人が多いみたいだけど、実際のところはどうなんだろう…?

実際に現地採用で海外で働いていた人にリアルな情報を聞きたいな…。

今回は、前職の現地採用の勤続年数データと、早期退職を避けるための大切なことを紹介したいと思います。

僕の経験上の話になるので、フィリピンでの現地採用についてですが、他の東南アジア諸国でも通ずると思うので、ぜひ参考にしてください。

本記事の内容
  • 勤続年数が短い理由
  • 勤続年数データ大公開
  • 早期退職を避けるために大切なこと3つ
本記事の信頼性(僕のプロフィール)
  • 新卒で日系の大手商社に2年半勤務
  • 現地採用でフィリピンにある教育系ベンチャー企業に5年間勤務
目次

結論:勤続年数は短いです

早速結論ですが、現地採用の一人当たりの勤続年数は正直かなり短いと思います。

はい、想像の通りです。ネット情報の通りなんです。

僕自身が現地採用でフィリピンで働いていたとき、別の会社に勤める友人たちは半年〜1年ほどで日本に帰国する人が多かったかと思います。

もちろん勤める会社によるとは思いますけどね。

なぜ勤続年数が短いのか?

それは、現地就職であげられるデメリットが関係してくるかと思います。

現地採用のデメリット
  1. 待遇が劣る
  2. 英語を使う機会がない
  3. キャリアの限界を感じやすい

ネット上に蔓延している、現地採用のあるあるですね。

詳細は、下記の記事に現地採用のメリット・デメリットをまとめているので、ぜひチェックしてください。
>>【経験談】現地採用のメリット・デメリット徹底解説

あわせて読みたい
【経験談】現地採用のメリット・デメリット徹底解説
【経験談】現地採用のメリット・デメリット徹底解説こんにちは。ドットコムです。今回は、僕が現地採用でフィリピンで5年間働いていた経験から、現地採用のメリット・デメリットを解説したいと思います。本記事の内容現地...

前職の元同僚たちの平均勤続年数

それではお待ちかね、勤続年数データ大公開です。

僕が現地採用でフィリピンに5年間勤めていた際の、元同僚たちの平均勤続年数を算出したので公開したいと思います。(年数のみでざっくりの計算にしています。)

平均勤続年数…..2.5年間

前職では、5年以上勤めているメンバー(引き続き在籍中)が多かったので、他の会社に比べると平均勤続年数はかなり長かったんじゃないかなぁと思います。

何が言いたいかというと、会社によるってことです。日本の会社でも同じことです。

早期退職を避けるために大切なこと3つ

ただ、せっかく海外就職のチャンスをつかんだのに、すぐに日本に帰国するなんてもったいないですよね。

そこで、早期退職を避けるために3つの大切なことを紹介します。

早期退職を避けるために大切なこと3つ
  1. 短期間試しに住んでみる
  2. 積極的に情報収集する
  3. 未来のキャリアをしっかり考える

詳細は、下記の記事にまとめているので、ぜひチェックしてください。
>>【経験談】平凡サラリーマン生活からの脱却【リスクを取って現地採用】

あわせて読みたい
【経験談】平凡サラリーマン生活からの脱却【リスクを取って現地採用】
【経験談】平凡サラリーマン生活からの脱却【リスクを取って現地採用】こんにちは。ドットコムです。皆さんの中で、日本でサラリーマンとして企業に就職し、変化のない毎日に将来の不安を感じている方も多いのではないでしょうか?実はこの...

また、英語力を磨き続ける意識も大切です。

下記の記事で解説したように、東南アジアでの現地就職の場合、入社時の英語力はそこまで問われないことが多いかと思います。
>>【サムライ英語でOK】海外就職に英語力は必須じゃない!?【注意点あり】

あわせて読みたい
【サムライ英語でOK】海外就職に英語力は必須じゃない!?【注意点あり】
【サムライ英語でOK】海外就職に英語力は必須じゃない!?【注意点あり】こんにちは。ドットコムです。先日、海外就職についてこんなツイートをしました。https://twitter.com/dottocom/status/1305075758088380427海外就職において英語力の必...

ただ、現地就職で海外に飛び出したということは、少なからず英語を使って仕事がしたいと思っているはず。

せっかく海外就職できたのにもかかわらず、英語力が乏しいと理想の仕事を担当することができず、早期退職のきっかけになってしまいます。

まとめ:実績を積むまで努力しましょう

これから現地採用を検討されている人に、僕からのメッセージです。

実績を積むまでは、日本に帰国せず現地で努力しましょう

早期に退職してしまい、日本に帰国したところで、転職活動で苦労するだけです。

ここに関しては、下記の記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてください。
>>【体験談】現地採用から帰国した後の転職が難しい理由3選【解決法も】

あわせて読みたい
【体験談】現地採用から帰国した後の転職が難しい理由3選【解決法も】
【体験談】現地採用から帰国した後の転職が難しい理由3選【解決法も】こんにちは。ドットコムです。現地採用枠で海外で働いている方、もしくはこれから現地採用枠で海外に飛び出したい方、帰国後の転職活動ってうまくいくのかなぁと心配に...

今回は以上です。

本記事が、どこかの誰かに役に立てば、ハッピーです。

それでは、アディオス!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる